経済学部

TOP経済経営研究所(ebrisk)■未来社会研究未来パラダイム班 ≫ 未来社会研究プロジェクト「ポストコロナの経済社会と人文社会科学」第2回セミナー(20210127)

未来社会研究プロジェクト「ポストコロナの経済社会と人文社会科学」第2回セミナー(20210127)

※聴講をご希望の方は、下記の button.png からお申込下さい。

button.png

  • 日時:2021年1月27日(水)14:30~16:00Sakaiphoto.png

  • 演題:「不確実性とケインズ:新世紀にどう生かせるか」

  • 開催場所:オンライン開催

  • 講演者:酒井 泰弘(滋賀大学名誉教授、筑波大学名誉教授)


■ご経歴

 1940年生まれ。筑波大学名誉教授、滋賀大学名誉教授。経済学博士(ロチェスター大学)

 専門分野は理論経済学、リスク研究。ピッツバーグ大学経済学部助教授、広島大学政経学部助教授、筑波大学社会科学系教授等を経て、2002年より滋賀大学経済学部教授。退官後も同大学や龍谷大学で教鞭を執る。

 学外においては、日本リスク研究学会会長、日本地域学会会長、生活経済学会会長、ニューヨーク大学日米経営経済研究センター研究理事、日本学術会議会員等を歴任。

 『不確実性の経済学』有斐閣(1982)、『寡占と情報の理論』東洋経済新報社(1990)、『リスクと情報:新しい経済学』勁草書房(1991)、『リスク学事典』共編著 TBSブリタニカ(2000)、『リスク社会を見る目』岩波書店 (2006)、『ケインズ対フランク・ナイト』ミネルヴァ(2015)、Keynes Versus Knight Springer 2019年、Information and Distribution Springer (2021)など著書多数。


本講演に関するご質問は

滋賀大学経済経営研究所
TEL : 0749-27-1047
FAX : 0749-27-1397

E-mail:ebr@biwako.shiga-u.ac.jp までお願いします。