経済学部

TOP経済経営研究所(ebrisk)■助成・サポート関連はこちら(教員専用) ≫ 論文報奨金制度

論文報奨金制度

2019年度以前のページへ

本学経済学部教員を対象に論文報奨金制度を実施いたします。

詳しくは、応募要項をご確認ください。

申請について

(1)所定の期間内に掲載(採用)論文と共に下記の必要事項を論文掲載日より1年以内に提出していただきます。

(2)申請書提出先 :滋賀大学経済経営研究所へメールにて提出(ebr@)

  1. 掲載雑誌名
  2. 応募条件(1)の選考基準となる①-③の雑誌名
  3. 掲載日(もしくは採用日) ※ 掲載or採用が証明できるものが有れば添付してください(URLでも可)
  4. 論文タイトル
  5. 著者(共著者の場合、所属先名、職位)
  6. 報告方法についてお知らせ下さい(応募条件(4)より選択)
褒賞金額
  1. 原則として、論文 1 編につき 5 万円を上限とする。(※共著論文の扱いについては共著者の人数で割り、本学の教員にのみ支払う。(1,000円未満は切り捨て))
  2. 報奨金は経済経営研究所経費より該当教員の研究費に上乗せされる。
  3. 論文の字数、ページ数には制限を設けない。
    応募条件

    (1)選考基準 下記①~③に含まれる雑誌に論文が採用、または掲載された場合、その対象とします。

      1. Science Citation Index Expanded (SCI-EXPANDED)
      2. Social Science Citation Index
      3. Arts & Humanities Citation Index (A&HCI)

    (2)選考方法:上記選考基準により、選考の上、決定します。

    (3)選考結果の通知:申請者に対し、選考結果を通知します。

    (4)原則として、研究の成果を下記3点のいずれかの報告をいただきます。

      1. 論文掲載前に経済経営研究所ディスカッションペーパーまたはワーキングペーパーを発行している事。
      2. 『彦根論叢』に研究内容を紹介するリレー・エッセイを投稿する。(詳細はお問合せください)
      3. セミナーなどで研究報告を行う。

    このページに関するお問合せは

    滋賀大学経済経営研究所
    TEL : 0749-27-1047
    FAX : 0749-27-1397

    E-mail:ebr(at)biwako.shiga-u.ac.jp までお願いします。

    ★(at)を@に変更して送信してください。