経済学部

TOP学部紹介大学院経済学研究科博士後期課程研究報告会 ≫ 博士後期課程中間研究報告会(令和3年度)を開催しました。

博士後期課程中間研究報告会(令和3年度)を開催しました。

 10月9日(土)、課程修了による博士の学位の申請資格の一つである中間研究報告会を彦根キャンパス総合研究棟<士魂商才館>で開催しました。本年度は、初めての試みとして、対面・オンライン同時開催の形式で実施し、昨年度を上回る20名以上の参加がありました。
 当日は、中野研究科長の挨拶の後、増山副研究科長の司会進行により、報告者3名の研究報告が行われました。
 この報告会は、平成22年度から、より客観的な視点での研究指導・助言を得るために、外部評価者による評価を実施しています。本年度は、愛知大学経済学部の竹内晴夫教授に依頼し、各報告者の研究報告に対する指導助言をいただきました。
 参加した研究指導教員や大学院担当教員からも、会場・オンラインともに活発な意見や質問が出され、大変有意義な報告会となりました。
 この後は、学位申請資格の認定、学位申請、論文審査及び最終試験の合格を経て学位の授与となります。

イメージ
<研究科長より挨拶>
イメージ
<報告者の研究報告>
イメージ
<会場参加者の様子>
イメージ
<オンライン参加者の様子>