経済学部

TOP学部紹介大学院経済学研究科 ≫ 博士後期課程

博士後期課程

経済経営リスク専攻の概要

設立目的

 あらゆる実業の世界では、リスクが経済活動の基本的な構成要素の一つをなし、リスク・マネジメントなくしてその本来の活動と目的が達成できないということは、今日広く認められています。
 経済学研究科博士後期課程は、社会人を対象に、経済学及び経営学に基づき体系的、総合的なリスク分析能力とリスク管理能力を備えた、国際的に活躍出来るグローバル・スペシャリストとしての「リスク・リサーチャー」の養成を目的に設立されました。本専攻は、社会科学系でリスクを中心とした大学院としては、我が国では最初のものです。
 2018年度より、ニーズの変化に対応して、社会人以外にも門戸を開き、多様なバックグラウンドを持つ学生の受け入れを開始しました。

特色

 第1に、本専攻では、経済活動に伴って生じるリスクのうち、金融リスク、経済リスク、経営リスクに研究領域を設定し、その研究教育組織は、「リスク基礎」、「リスク発展」から構成されます。そして、「リスク発展」は、「リスク理論」、「リスク管理」、「リスクと創造」の3つの教育研究分野から構成されます。

教育研究分野
概 要
リスク理論
「リスク理論」では、リスク概念の体系的な検討、リスク分析に不可欠の不確実性と確率理論、経済・経営・金融におけるリスク発生の可能性とその分析手法等、リスクの基礎理論と先端的なリスク理論、リスク分析手法、リスクと経済倫理の関係について教育研究します。
リスク管理
「リスク管理」では、リスクを認識し、リスクをいかに回避し、損失を予防し、いかに適切にリスクを保持するか、いかにリスクを移転するか、いかにセーフティネットを設計するかについて、経済・経営・金融・情報通信におけるミクロとマクロのリスク管理手法に基づき教育研究します。
リスクと創造
「リスクと創造」では、リスク理論やリスク管理手法をふまえて、積極的にリスクを取りつつ、企業を創造し、産業を創造し、地域を創造する環境整備の教育研究を中心に行います。

 第2に、院生の研究指導拠点として、「特別演習」、「フィールドワーク」、「プロジェクト研究」、「論文演習」、「ワークショップ」を設定し、学位論文準備から論文作成にいたる全過程における複数教員指導体制を実現し、きめ細かな指導体制のもと、学位論文の作成を目指します。

教育理念と目的

 経済学部は、教育理念として「国際的な視野を持ち、環境に配慮しつつ地域社会にも貢献できる、個性ある専門職業人の養成(グローバル・スペシャリストの養成)」を掲げ、「その資質として3つの識『意識、知識、見識』(問題意識、専門知識、規範意識)を養うことと、それを基礎にした問題探求能力を育成することをモットーにしています。
 この理念を博士後期課程に具体化し、経済経営リスク専攻は、「経済」、「企業経営」、「金融」、「情報」、「公共部門」等、個別化された枠にとらわれず、リスクに精通し、リスクを適切に管理し、リスクをふまえて新たな事業を創出できるグローバル・スペシャリストとしてのリスク・リサーチャーの養成を目的とします。

アドミッションポリシー

 滋賀大学大学院経済学研究科博士後期課程は,教育理念・目標に基づき,次のような人を求めています。

  • いずれかの専門分野において修士課程を修了した者(見込含む)またはそれと同等以上の学力がある者で,専門的知識を持ち,論理的思考力と表現力,リサーチ能力をもつ実務経験者ないしはそれに相当する人
  • 経済学または経営学,及びリスクに関する知の探求と創造に高い意欲と能力のある人
  • 国際社会・地域社会の課題の発見とその解決に高度な専門知識と見識・教養をもって指導的役割を果たすリスク・リサーチャーを目指す人
このような人材を選抜するために,博士後期課程入試では,派遣志願者に対しては研究業績,審査用論文および研究計画等の出願書類よる論文審査と口述試験によって,志願者の資質を適切に評価します。また,一般志願者に対しては論文審査,口述試験に英語外部検定試験の成績を加えて,志願者の資質を適切に評価します。

ディプロマ・ポリシー

 大学院経済学研究科博士後期課程には経済経営リスク専攻がおかれています。 下記に示すいずれかの条件を満たした者に博士(経済学あるいは経営学)の学位を授与します。

  1. 経済学及び経営学におけるリスクに関する最先端の知識と研究能力を修得していること。
  2. 新しく事業を創造することができるリスク分析能力とリスク管理能力を有していること。
  3. 派遣元企業や地方公共団体等で、リスク管理、企業創造、地域創造に関わって、指導的役割を果たす能力を有していること。
  4. 留学生においては帰国後、経済開発、地域開発、金融政策に携わる政治家・公務員あるいはベンチャー企業家や経営コンサルタント等として活躍する能力を有していること。

カリキュラム・ポリシー

 大学院経済学研究科博士後期課程では、ディプロマ・ポリシーに基づき、リスク・リサーチャーを養成するためのカリキュラムを提供しています。
 具体的には、「経済」、「企業経営」、「金融」、「情報」、「公共部門」等、個別化された枠にとらわれず、リスクに精通し、リスクを適切に管理し、リスクをふまえて新たな事業を創出できるようになるために、次の2点にもとづいてカリキュラムを編成しています。
 第1に、本専攻では、経済活動に伴って生じるリスクのうち、金融リスク、経済リスク、経営リスクに研究領域を設定し、その研究教育組織は、「リスク理論」、「リスク管理」、「リスクと創造」の3教育研究分野から構成されます。
 第2に、院生の研究指導拠点として「特別演習」、「フィールドワーク」、「プロジェクト研究」、「論文演習」、「ワークショップ」を設定し、学位論文準備から論文完成にいたる全過程における複数教員指導体制を実現し、学位論文の完成をめざします。

 学修成果については、成績の評価基準に照らし、各科目のシラバスで設定されている到達目標の達成度を評価する。また、学位論文については、経済学研究科論文審査基準に基づき、審査を実施する。

選抜方法