経済学部

TOP学部紹介大学院経済学研究科 ≫ 博士前期課程

博士前期課程

目的と特色

 本研究科は、「研究者」を養成するのみでなく、グローバルな視点と高度な専門能力を持つ経済人、すなわち「高度専門職業人」を養成することをも目的としています。
 そのため、国立大学最大規模を誇る経済学部(経済学科、ファイナンス学科、企業経営学科、会計情報学科、社会システム学科の5学科構成)という母体の特質をフルに活用し、大学院教育を行います。 多様で豊富なカリキュラムと、課題に対して多面的なアプローチを提供することが可能となっています。
 より効果的な教育を行うため、博士前期課程の各専攻は2つのコースを有します。ひとつは、高度専門職業人の養成を目指したプロフェッショナル・コースです。 同コースは、その中にビジネス分析プログラム履修モデルと政策分析プログラム履修モデルを備え、戦略的マネジメントやマーケティングの専門家、起業家の育成から、 戦略思考を有した地方行政のプロフェッショナルの養成まで、多彩な高度専門職業人の養成に対応しています。 もうひとつが、研究者を目指す方や、アカデミックな目で現職務を見直し自分の進む道を再確認したい方、そして実務経験を総括し生涯の知的満足を満たしたい方などを対象としたリサーチ・コースです。 アカデミックなアプローチを通じて培われる能力を高度専門職業人として生かしたいという方にも適しています。
 これらのコースを充実したものにするため、他大学院では見られない70名もの専任教員を本研究科に配し、きめ細かく演習指導を行うと共に、主指導教員と協力して研究生活を支援する副指導教員制度を敷くなど、手厚い研究支援体制を組んでいます。 本研究科が立地する滋賀県彦根市の豊かな自然と生活しやすい環境とあいまって、充実した学生生活が送れるものと確信しています。

<学生定員>  ()内数
区分
専攻名
定員
経済学研究科


経済学専攻 13名
経営学専攻(連携大学院) 13名(2名)
グローバル・ファイナンス専攻 6名

教育理念と教育目的

 滋賀大学経済学部は、建学の精神「士魂商才」(相互扶助・社会奉仕の精神をもつ商業的技術の専門家)を現代に継承し、教育理念として 「国際的な視野を持ち、環境に配慮しつつ地域社会にも貢献できる、個性ある専門職業人の養成(グ口ーバル・スペシャリストの養成)」を掲げ、 「3つの識『意識、知識、見識』(問題意識、専門知識、規範意識)の涵養とそれを基礎にした問題探求能力の育成」をモットーにしています。 この教育理念を大学院経済学研究科に具体化し、博士前期課程(経済学専攻、経営学専攻、グローバル・ファイナンス専攻)は、グローバル・スペシャリストとして、 経済学や経営学に関する高度な専門知識を備える経済人と研究者の養成を目的としています。

アドミッションポリシー

 経済や経営への関心とその基礎的知識をもち、大学院において特定分野の研究を通じて高度な専門知識とその実践的応用能力を身につけ、 修了後、関連分野において指導的役割を果たすことを希望する学生を求めています。

ディプロマ・ポリシー

 大学院経済学研究科博士前期課程は、経済学専攻、グローバル・ファインス専攻、経営学専攻からなり、 下記に示すいずれかの条件を満たした者に修士(経済学、ファイナンス、経営学)の学位を授与します。

  1. 経済学、金融・ファイナンス、経営学等に関する最新の専門的知識を修得していること。
  2. 専門知識を基盤に、問題を探究し、解決できる能力を有していること。
  3. 高度専門職業人として、民間企業および地方公共団体で指導的役割を果たしたり、税理士や研究者として活躍できたりする能力を有していること。
  4. 留学生においては帰国後、政府機関や民間企業において指導的役割を果たす能力を有していること。
  5. 研究者を目指す者は、博士後期課程へ進学するための素養を有していること。

カリキュラム・ポリシー

 大学院経済学研究科では、ディプロマ・ポリシーに基づき、経済学や金融・ファイナンス、経営学等に関する高度な専門知識を備える経済人と研究者の養成を行います。  より効果的な教育を行うため、博士前期課程の各専攻は2つのコースを有します。 ひとつは、高度専門職業人の養成を目指したプロフェッショ ナル・コースです。 もうひとつが、研究者を目指す方やアカデミックな目で現職務を見直し自分の進む道を再確認したい方、 そして実務経験を総括し生涯の知的欲求を満たしたい方などを対象としたリサーチ・コースです。

選抜方法

選抜方法の詳細はこちら