経済学部

TOP学部紹介大学院経済学研究科博士後期課程 ≫ 経済経営リスク専攻

経済経営リスク専攻

授業科目

【リスク基礎】

約120科目(科目名省略)

【リスク発展】(以下3分野)

「リスク理論」

  • リスクの経済学特殊講義
  • 確率論特殊講義
  • 金融工学特殊講義
  • 金融リスク論特殊講義
  • 管理会計特殊講義
  • 経済システム・経済思想特殊講義
  • マクロ経済学特殊講義
  • オペレーションズ・リサーチ特殊講義

「リスク管理」

  • 信用リスク・マネジメント論特殊講義
  • 事業リスク・マネジメント論特殊講義
  • 経営管理論特殊講義
  • 国際財務会計論特殊講義
  • 国際経済リスク論特殊講義
  • 社会保障論特殊講義
  • 情報通信システム論特殊講義
  • 環境リスク管理論特殊講義
  • 法・政治リスク論特殊講義
  • 労働経済論特殊講義

「リスクと創造」

  • 証券市場論特殊講義
  • マーケティング論特殊講義
  • 企業法務論特殊講義
  • 財政システム論特殊講義
  • 近江商人論特殊講義
  • 比較地域史論特殊講義
  • 比較地域経済史論特殊講義
  • リスクの社会学特殊講義
  • 行動科学特殊講義
  • 組織行動論特殊講義

【共通】

  • フィールドワーク
  • プロジェクト研究
  • 論文演習Ⅰ
  • 論文演習Ⅱ
  • ワークショップDⅠ
  • ワークショップDⅡ
  • ワークショップDⅢ
  • ワークショップDⅣ
  • 特別演習Ⅰ
  • 特別演習Ⅱ
  • 特別演習Ⅲ

履修方法

 「リスク基礎」と「リスク発展」から2科目4単位以上を選択必修として履修します。「リスク基礎」においては、基礎的な科目を学び研究基盤の幅を広げ、「リスク発展」においては、リスク研究の最先端を修得します。但し、「リスク発展」の科目群から1科目2単位以上を選択必修としています。
 複数指導教員の指導のもとで実施される「フィールドワーク」、「プロジェクト研究」、「論文演習」、「ワークショップ」を選択必修科目とします。そこでは、特殊講義で修得した最先端の知識を活用して、実際的な問題発見能力や解決能力、また柔軟で自立的な研究能力を培います。
 学位取得にむけた必修科目として「特別演習」を各年次に配当します。「特別演習」は、指導教員および副指導教員が、「特殊講義」、「フィールドワーク」、「プロジェクト研究」、「論文演習」、「ワークショップ」で培われた院生の研究能力を評価し、方向付け、最終的に学位論文に結実するよう研究指導を行うことを目的とします。
 一般学生、金融機関出身者、民間企業(非金融)出身者、公的機関出身者、 海外政府機関からの留学生別の履修モデルをオーダーメイド型履修制度により作成し、 院生各自の研究目的や問題意識に基づき、学習効果を最大限に生みだすよう履修指導を行います。