経済学部

TOP学部紹介 ≫ 経済学部

経済学部

学部理念

国立大学最大規模の経済学部で実践的能力を持った専門職業人「グローバル・スペシャリスト」へ

滋賀大学経済学部は、これまでの実績と伝統に安住することなく、独自の工夫をこらした改革を進め、急激に変化する社会と地域の要請に応え、有為の人材の養成と高次の知識創造・学術文化に資する高等教育機関としての発展を目指しています。 本学部は、建学の精神を現代に活かした教育理念として「国際的な視野をもち、環境に配慮しつつ地域社会にも貢献できる、個性ある専門職業人の養成(グローバル・スペシャリストの養成)」を掲げ、その資質として「意識・知識・見識」の涵養とそれを基礎にした課題探求力の育成に取り組んでいます。

学部の特長

学部

国立大学最大規模だからこそ実現できる、多様性に裏打ちされた真の分野横断的な学び
経済学部は、経済・ファイナンス・企業経営・会計情報・社会システムの合計5学科から構成されており、 経済だけでなく企業・組織から文化・社会まで、幅広い分野に渡る専門領域を深くかつ文理融合的な観点から学べる体制を整えています。

士魂商才に根ざしたグローバル・スペシャリストの養成
「士魂商才」とは、豊かな教養を身につけた上で実践的教育に依拠する地域貢献を目指すという、彦根高等商業学校以来の精神的支柱を意味しています。 それが発展した姿として、国際性・学際性・統合性の3つを兼ね備えた高度専門職業人=グローバル・スペシャリストを送り出すことが、経済学部の社会的使命です。

カリキュラム

本学部の教育制度上の最大の特徴は、カリキュラムの階層構造と、4年間連続の少人数教育です。前者は、導入段階・基礎段階・専門段階の3部構成をさしますが、 ただ単に下から上へ積み上げられるだけでなく、必要に応じて相互に行き来できるという有機的な機能(トライアングル)も示します。 一方後者は、入学から卒業まで一貫して教員との密接な交流を保証し、学生の知的興味・関心にきめ細かく対応できる仕組みを提供します。

カリキュラム

アドミッション・ポリシー

経済学部が求める学生像

  • 経済学部で学ぶために必要な基礎的知識,論理的思考力と表現力,コミュニケーション能力をもつ人
  • 経済学部における知の探求と創造に意欲と能力のある人
  • 意識・知識・見識を身につけた専門職業人を目指す人
  • 国際社会・地域社会の課題の発見とその解決に主体的に取り組む意欲のある人

入試課のページへのリンク