経済学部

TOP学習サポート学習サポート ≫ 講義に関する情報収集

講義に関する情報収集

授業にかかわる情報は主として、  1.休講や教室変更といった事務的な情報、  2.授業内容に関する情報、  3.定期試験やレポートに関する情報からなります。 これらの情報のほとんどは、(1)に挙げる 滋賀大学キャンパス教育支援システム(SUCCESS) で統一的に提供されます。 これに加えてより細かな学習支援のために(2) 学習管理システム SULMS(サルムス) が稼働しています。 また、 情報提供や交流の場として 陵水学習教育支援室が設けられています。

新入生のための学習案内
新入生の方はこちらもご覧ください。

(1)滋賀大学キャンパス教育支援システム(SUCCESS)

SUCCESSimage  自分が登録した授業に関する連絡もこのSUCCESSを通じて行われます。 毎日少なくとも1度はSUCCESSにアクセスして、トップページだけでも確認しましょう。 左側の「お知らせ」の欄には全般的な情報が、右側の時間割表示の欄には科目 ごとのメッセージ等の有無が表示されています (メッセージ等のある科目には「!」マークが表示されていますので、その欄をクリックすれば確認できます)。 また、「各種設定」のタブでメッセージ等を携帯電話や自宅のメールアドレスに転送する設定をしておけば、 いち早く情報を得ることができます。
 休講や補講、行事予定等の事務面でのSUCCESS掲載情報が一覧の形になったものは、 Web上でも経済学部トップページ左側の「学習サポート」から 「1-4 休講・補講等講義情報」 で確認できます。休講・補講情報は校舎棟玄関奥に設置されたスクリーンにも表示されています。  この他、試験やレポートに関する情報は「履修情報」タブで、成績に関する情報は「成績情報」タブで、 それぞれこまめに確認しましょう。詳しい使い方はマニュアルを参照してください。

(2)学習管理システム SULMS

 学習管理システム(SULMS)は、eラーニング(インターネットを利用した自主学習)を行うためのシステムです。SULMSには、各科目の講義映像や講義資料などが掲載されており、履修している科目の映像を視聴したり、資料をダウンロードすることができます。使い方は大きく分けて以下の3種類があります。

1.講義の補習・復習用として利用している科目

講義には出席することが前提ですが、万が一、病気や課外活動などで欠席してしまった場合には、SULMSに掲載されている講義映像・資料によって、後からでも学習することができます。

2.eラーニングで行う科目

 全15回の講義のうち、全ての回あるいは一部の回をeラーニング教材で実施する科目です。この場合は、大学のPCルームや自宅のPCなどからSULMSにアクセスし、自分の好きな時間に、自分のペースで学習を進めることができます。

3.SULMSでのみ開講されている科目

 各学期に開講されている科目とは別に、就職対策講座など、SULMSだけで提供されている講座があります。講座の開講については、別途お知らせします。

SULMSの使い方は科目によって異なりますので、担当教員の指示にしたがってください。なお、全ての科目のコースが開設されているわけではありませんので、ご注意ください。