経済学部

TOP学習サポート学習サポート ≫ 学習・研究で困ったときには

学習・研究で困ったときには

(1) 授業担当教員への相談(オフィス・アワー)

 経済学部ではオフィス・アワーという制度を設けています。授業中やその前後に質問できないときにも、この時間を活用することができます。各教員のオフィス・アワーの設定時間はシラバスに掲載されています。この時間帯であれば、学生は誰でも自由に教員の研究室を訪ねて、相談することができます。もちろん授業を受けていない教員へ相談することもできます。

(2)大学入門セミナーの教員への相談

 大学入門セミナーの担当教員は、いわば担任の先生のようなものです。経済学部では大学入門セミナーの教員をアドバイザー教員と呼んでいます。大学入門セミナー終了後も2年生が終わるまでのあいだは、大学入門セミナー担当教員がアドバイザーになります。履修科目の選択や学習方法など、学習全般にかかわる相談はアドバイザー教員にするといいでしょう。事前に連絡を取るか、オフィス・アワーを利用してください。

(3) 陵水学習教育支援室(通称「学習支援室」)

 陵水学習教育支援室は、同窓会「陵水会」の支援により設置され、皆さんの学習をサポートするための組織です。 場所は校舎棟の3階、開室時間は、月~金(土日祝休み)の9:00~17:00です。 皆さんに関係する主な活動としては、下記のとおりです。

  • 一部のコア科目のテキスト配布
  • 自主学習およびゼミ活動のためのPC・プロジェクター等の貸出し

(4) 開放型学習スペース(通称「学習スペース」)

 自主学習、グループ学習やミーティング、勉強会など多目的に利用できる共有スペースがあります。プロジェクターなどの機器を利用し、より実践的なプレゼンの練習等が可能です。 開室時間は、月~金(土日祝休み)の10:00~19:15(授業期間及び試験期間以外は17:15)です。下記のような、皆さんが自主的に更には相互に学び高めあう環境が整えられています。

  • コアセッションTA・SAによる質問の受付
  • 過去の定期試験問題集の閲覧(端末上・冊子)および印刷
  • 授業で使われた配布物の「講義資料棚」の利用
  • 語学教材(書籍・DVD・CD)を利用して、語学のスキルアップや資格取得のための学習

(5) 地域連携教育推進室

 地域連携教育推進室は、校舎棟の3階にある、従来の大学の講義とは異なった新しい学びの場です。
 ここでは、プロジェクト科目や実践型インターンシップ、セミナーなど様々な学習機会の提供を通じて実践力と活力にあふれた学生の育成を支援しています。
 具体的には、企業の方から話を聞いたり、仕事の現場を取材したり、地域活動にボランティア参加したり、様々なきっかけをつくることで、皆さんが自分にあった「働き方(暮らし方)」を見つけるお手伝いをします。
 開室時間は月曜~金曜日(土日祝休み)9:30~16:30です。※ただし、スタッフがいるときは、それ以外の時間でも対応可能です。

(6)図書館・経済経営研究所・附属史料館・リスク研究センター

 図書や雑誌・新聞記事を入手する方法や、文献・資料を探すための様々なツールの利用方法などについては、 図書館 のカウンターで尋ねてみましょう。
経済経営研究所 は、経済学部の研究・教育支援組織で、研究会・セミナー等の開催、本学の教員等が研究成果を公表する雑誌である『彦根論叢』の刊行、資料収集などを行っています。
附属史料館は、主に滋賀県下の 歴史資料(いわゆる「近江商人」に関する商業史料を含む)について、調査・収集を行う組織です。
リスク研究センター は、国内外で著しい活躍をしている研究者を招聘して、最先端の研究セミナーを開催しています。もう一つは、滋賀大学教員の研究成果を世界の研究者に発信するために、リスク研究センターのディスカッションペーパーを発行しています。
 経済経営研究所や史料館、リスク研究センターが開催する研究会やセミナーには、興味のある学生の皆さんも参加することができます。史料館では春と秋に企画展を開催しており、常設展示とあわせて観覧することができます。こうした催しに参加して、様々なことに関心をもつことも、自分で学んでいくきっかけになります。

(7)学習・研究方法のための参考文献

 学習・研究していくうえで参考となる文献を、いくつかあげておきます。それぞれに特徴がありますので、気に入ったものを読み比べてみるのもよいでしょう。
学習研究方法のための参考文献の詳細はこちら