経済学部

TOP学習サポート学習サポート ≫ レポートを書いてみよう

レポートを書いてみよう

 大学で学ぶ中では、演習のまとめや講義科目での成績評価のため等々、様々な機会にレポートの提出が要求されることがあります。

(1)レポートとは

 レポートは、執筆者が調べた情報をまとめて他人に知らせるための報告書、と定義できるでしょう。大学では文章を書いて提出する場合一般にレポートという用語を使うことがあります(広義のレポート)。
 中でも学習・研究レポート(狭義のレポート)は、与えられた課題について、文献調査や実態調査を自分で工夫して行い得られた事実を分析・整理し、それに基づく自分の意見・主張を論理的・実証的にまとめた文章です。

(2)レポートの評価ポイント

 レポートにおいて何が評価されるかは出題者の意図により異なります。しかし一般的には以下がポイントになるでしょう。
・課題に関する専門的知識を正確に理解しているか。
・専門的知識を前提に自分の意見(賛否、疑問、提案、補足など)が主張されているか。
・自分の意見には、論理的、実証的根拠が示されているか。
・課題を解決するための資料収集の努力は、適切かつ十分であるか。
・レポートの構成要件や文章表現が一般的なルールに従っているか。
・レポートの完成度が高く、読者を説得する工夫がなされているか。

(3)レポートの作成

 それでは、レポートの作成の基本的な注意点やルール、構成と内容、作成方法を、順を追ってみていくことにしましょう。
レポート作成の基本ルール
レポートの作成手順
内容面の注意点
注と参考文献
レポート表紙はこちら (A4用紙にタテ向きに印刷すること)