経済学部

TOP学習サポート学習サポート ≫ 教育理念とカリキュラム

教育理念とカリキュラム

 経済学部の教育理念を一言で表現するならば、ずばり「グローバル・スペシャリスト」の育成です。
 「グローバル」の部分には3つの意味が含まれています。第一が国際性で、異文化理解の能力、言語運用能力、他者とのコミュニケーション能力が求められます。第二が様々な学問分野と研究アプローチの多様性を認識できる学際性です。そして第三が、幅広い地球的な視野で発想できる総合性です。したがって「グローバル・スペシャリスト」とは、そうした資質をそなえて問題を発見し、解決することができる実践的能力をもった専門職業人をさしています。
 こうした考え方は、経済学部の歴史に端を発しています。経済学部の前身である彦根高等商業学の年建学当時の精神は「士魂商才」であり、伝統的に地域に貢献する実践的教育を重視していました。この精神が、現在のグローバル・スペシャリストという学生像に引き継がれています。
 以上の考えに基づき、経済学部では教育プログラムが構成されており、1)専門教育における階層構造のカリキュラム、2)4年間の少人数教育、3)学習類型という3つの特徴を持っています。
(1)階層構造のカリキュラム
(2)4年間の少人数教育
(3)学習類型