経済学部

TOPリスク研究センターリスク研究センタープロジェクトTopics ≫ 報告 中国医療保障プロジェクト第3回研究会 2013.2.25

報告 中国医療保障プロジェクト第3回研究会 2013.2.25

東アジア保険プロジェクトトピックス(2013.3.12)
中国医療保障プロジェクト第3回研究会を行いました

2013年2月25‐26日に、リスク研究センターと中国東北財経大学(大連市)公共管理学院による中国医療保障プロジェクトの第3回研究会が東北財経大学で行われました。中国側から劉暁梅教授、叢春霞教授、夏敬講師、丁佳琦修士課程院生(以上、東北財経大学)、陳仰東元社会保険局長、張瑩教授(大連医科大学)、そして日本からリスク研究センター長の久保英也と李蓮花准教授が参加しました。昨年3月、8月の2回の研究会を踏まえ、今回は事前に報告論文を提出し、具体的な問題点について深い議論が行われました。研究会を通じて、中国の皆保険政策がそれまで抑制されていた医療ニーズを部分的に解放するなど一定の効果を上げていること、同時に医療費の増加が著しく、医療機関に対し有効的な利益誘導メカニズムがまだ確立していないこと、社会保険財政が近い将来厳しい局面を迎えることなどを確認しました。また、医療提供システムを中心に、中国医療改革の長期的目標と短期的課題についても活発に議論しました。


このホームページに関するご意見・ご質問は
滋賀大学経済学部リスク研究センター TEL:0749-27-1404 FAX:0749-27-1189
E-mail risk@biwako.shiga-u.ac.jp までお願いします。