経済学部

TOPリスク研究センター経済学部附属リスク研究センター ≫ 客員研究員制度について

客員研究員制度について

概 要

分類について迷ったら・・・客員研究員制度比較表.pdf

リスク研究センター客員研究員制度に関する要項 → こちらからご確認ください

今年度の客員研究員一覧  → こちらからご確認ください


分 類

員研究員『共同研究・助成研究型』  応募要項はこちら

  1.  応募期間:毎年12月15日~1月31日
  2.  任期:有り (1年(毎年4月1日~翌年3月31日))
  3.  対象:博士後期課程修了者、並びに本学以外の博士後期課程在学生、または前述以外の研究者を対象とする。
  4.  目的:本センター助成研究制度を利用し、「滋賀大研究者」と「学外研究者」との交流を促進することを目的とする。
  5.  研究費等:有(下記参照)
  6.  条件:上記期間内に本学経済学部教員より、助成研究制度への応募が必要。

客員研究員『共同研究・推薦型』 → 応募要項はこちら

  1.  応募期間: 随 時
  2.  任期:1年間(毎年4月1日~翌年3月31日))再任可
  3.  対象:本学経済学部教員が推薦する博士後期課程修了者、並びに本学以外の博士後期課程在学生、または前述以外の研究者を対象とする。
  4.  目的:「滋賀大研究者」と「学外研究者」との交流を促進することを目的とする。
  5.  研究費等:応募要項参照
  6.  条件(下記参照)
  • 6-1:本学経済学部教員より推薦書の提出が必要
  • 6-2:任期満了時に研究報告書を提出すること。 

客員研究員『公募型』  → 応募要項はこちら

 研究テーマ・・・ 社会科学分野におけるリスク研究

  1.  応募期間: 令和2年2月1日~令和2年2月28日
  2.  任期:1年間(毎年4月1日~翌年3月31日)再任可(選考が有ります)
  3.  対象:博士後期課程修了者、並びに本学以外の博士後期課程在学生、または前述以外の研究者を対象とする。
  4.  目的:「滋賀大研究者」と「学外研究者」との交流を促進することを目的とする。
  5.  研究費等:有(条件有り、応募要項参照)
  6.  条件(下記参照)
  • 6-1:募集年度における研究テーマに沿った 研究計画書を提出すること。
  • ※本センター運営委員会の議を経て、採択者を決定いたします。
  • 6-2:リスク研究センター招聘 『研究セミナー』 への参加(聴講)を複数回行う(月1回程度/木曜5限(16:10-17:40)に行います)
  • 6-3:年度内に客員研究員報告ワークショップにて(中間報告を可とする)報告を行う。(原則木曜日)
  • 6-4:任期満了時に研究報告書の提出を行う。