経済学部

TOP学部紹介経済学部 ≫ 社会システム学科

社会システム学科

経済・社会・法・政治を学ぶ社会科学、言語・文化・歴史を学ぶ人文科学、認知・情報の科学など、幅広い分野を研究します。 これらの複数の学問分野に触れることで、それぞれの分野での高度な専門知識と、その土台となる幅広い教養を修得。同時に、社会の構造や関係のシステマティックな理解を通じて、 私たちが暮らす現代社会の様々な出来事を、広い視野から総合的に読み解くための応用力を養っていきます。

●社会システム講座

現代社会を読み解くための基礎理論を学びます。

●法システム講座

法律の観点から、社会の様々な現象の分析などを学びます。

●思考情報システム講座

人間の「知」のあり方について多角的に学びます。

●国際文化システム講座

世界の様々な地域について言語、文化や歴史の観点から学びます。

<時間割の例 (3年 春学期)>

1
(08:50~10:20)
文化システム論B
2
(10:30~12:00)
知能情報論Ⅰ 行政システム論Ⅰ 文化人類学 日本社会文化論
3
(12:50~14:20)
財務諸表分析論Ⅰ 専門演習Ⅰ
4
(14:30~16:00)
マネジメント・ポリシー特殊講義 消費と社会
5
(16:10~17:40)
比較経営論 プロジェクトA 環境法

―CLOSE UP SEMINAR―

宗野隆俊ゼミ[社会システム]

2020-7syasisu.jpg

<卒業論文タイトル>

  • 近代的個人の不安と「生きがい」
  • Poil×Techから見る政治のあり方
  • 健全な子どもを育てる社会の責任
  • 文系を軽視する日本の大学教育
  • 現代日本社会における民主主義の困難と可能性

何を探求するのか?議論を通じて徹底的に考えよう。
人や情報のグローバル化、AIの劇的な進化、政治の不安定化など、私たちは急激な変化の時代を生きています。変化の大きな時代は、挑戦し甲斐のある時代といえます。 探求するテーマを自ら選び取り、広く、深く、学んで社会に出て欲しいと思います。