経済学部

TOPリスク研究センターリスク研究センターセミナー・講演会情報(参加お申し込みはこちらから)2015年度セミナー・講演会情報一覧 ≫ 第7回世界水フォーラムレポート

第7回世界水フォーラムレポート

第7回世界水フォーラムレポート

第7回世界水フォーラム」のテーマセッションを運営して
           滋賀大学経済学部教授・リスク研究センター長 久保英也(くぼひでや)
  3年に1度開催される水に関する世界最大のコンファレンスである「世界水フォーラム
(以下、WWFと呼ぶ)」 が韓国のデグ市で開催されました。国賓の大統領8名、地方自治体の
トップ200名、研究者1,000名を含め、参加者総数30,000名の規模です。主要なセッション数は262を数えます。今回の2015年は第7回目の開催となりますが、第3回の同フォーラムは京都・滋賀で開催されました。
☆開催中の動画はこちら
久保実行委員長による挨拶
  琵琶湖を有する滋賀の大学の存在感を示す絶好の機会と考え、滋賀大学リスク研究センターは、(1)同会議の中心をなす「テーマセッション」を自ら運営、コーディネートすること、(2)多くの来場者が期待できる展示ブースを出展すること(滋賀県と合同)、(3)日韓の知事会談を実現すること、の3つを目標に1年にわたり準備をしてきました。 国際機関や各国の政府機関が押さえるテーマセッションを獲得する競争は激烈でしたが、国際交流協定校である韓国啓明大学のサポートを受け、3か月間に及ぶWWF本部へのアピールの末、無事獲得に至りました。最終のテーマセッションの数は約120で、その多くの国際機関がコーディネートをしています。なお、テーマセッションを日本が運営しているのは、滋賀大学のセッションだけです(セッション番号はT-1-4-5)。
  セッションは、井戸敏三兵庫県知事、西嶋栄治滋賀県副知事、嘉田由紀子びわこ成蹊スポーツ大学学長(元滋賀県知事)を擁し、ここに滋賀大学リスク研究センターとアジアからはラオスと韓国、欧州からマケドニアの研究者を加え、「世界の湖沼流域におけるステークフォルダーの参加・合意と環境分野の資金調達」というテーマで臨みました。 我々のセッションは夕食前の時間にも拘わらず約70名の参加者を迎え、熱心な報告と議論がなされました。とりわけ、環境分野で金融市場から直接資金調達を行うという提案は前例がなく、シンポジストの間でも議論となりました。この環境リスクファイナンスのスキームは琵琶湖環境科学総合センターなどと滋賀大学が組む環境プロジェクトチーム(以下、PTと呼ぶ)とファイナンス学科のリスクファイナンスPTとの協業の結果生まれたものです。
久保実行委員長による挨拶
  一方、ブースは4月12日(日)~17日(金)の6日間にわたり開設し、総訪問者数は約700名にも及びました。ブースの前には黒山の人だかりができる時間帯もあり、滋賀県の担当者や啓明大学の日本学科の学生の応援を得ながら汗だくで対応しました。来客者の大半は韓国の方と考えていましたが、アフリカや欧州からの訪問者も多く国際色豊かで、質問も多岐にわたりました。
久保実行委員長による挨拶
 日本から3名の知事・知事経験者を同行したこともあり、韓国側の金寛容慶尚北道知事、李仁善副知事による公式晩餐会を開いていただきました。李仁善副知事は2012年の琵琶湖ビジネスメッセ時に来日いただき、当時滋賀県知事の嘉田学長と会談いただきました。その後も滋賀大学が推進する関西広域連合と韓国広域連合や慶尚北道、デグ広域市との交流に尽力いただいています。慶尚北道のグミ市には東レの韓国法人があり、炭素繊維の製造を行うなど経済交流も盛んで、韓国側は特に日本企業の韓国進出を熱望しています。日本における海外企業の日本への誘致より、はるかに熱心であり、学ぶところがあります。 第7回世界水フォーラムを通じ、水環境への世界の人々の興味や懸念は同じであり、その中で日本が果たす役割、とりわけ、琵琶湖を抱える滋賀県に位置する滋賀大学が果たすべき役割が大きいと確信しました。
  (文責 リスク研究センター長 久保英也)
久保実行委員長による挨拶

  【参考】:テーマセッションの報告者と報告テーマ

            (1)国際河川のメコン河のIWRM Associate Professor, National University of Laos/ Phouphet KYOPHILAVONG, 金秉基 滋賀大学准教授
            (2)「韓国の洛東河の流域管理」Assistant professor Hyunkyun Bae, Professor Geunwoo Ryu, Associate Professor Gabje Jo/ Keimyung University
            (3) 「プレスパ湖(マケドニアとギリシャなどの国境にある)のIWRM:理論から実践へ」 Project Manager UNDP/ PhD Dimitrija Sekovsk
            (4) 琵琶湖の水質改善と生態系の課題、つながりの再生」 西嶋栄治 滋賀県副知事
                     (5)「水と人のかかわりの回復と地域連合の重要性」嘉田由紀子 琵琶湖成蹊スポーツ大学学長(元滋賀県知事)
            (6)「IWRMにおける環境リスクファイナンスの貢献」久保英也 滋賀大学教授、学長補佐、リスク研究センター長
            (7)「森林―湖沼-河川-瀬戸内海の“IWRM'」井戸敏三 兵庫県知事、関西広域連合長
          ○ コーディネーター:久保英也(滋賀大学教授・学長補佐・リスク研究センター長) 

         このページに関するご意見・ご質問は滋賀大学経済学部リスク研究センター
           電話 0749-27-1404(直通)・FAX 0749-27-1189 E-mail:までお願いします。
   

滋賀大学経済学部 Faculty of Economics, Shiga University
〒522-8522
滋賀県彦根市馬場1丁目1-1

このページの作成・管理は滋賀大学経済学部ホームページ管理担当が行っています。
このページに関するお問い合わせは お問い合わせのページからお送りください。

Copyright©2017 Faculty of Economics, Shiga University All rights Reserved.