経済学部

TOP経済経営研究所(ebrisk)■先端研究 ≫ 先端研究セミナー(20220721)

先端研究セミナー(20220721)

・日時:2022年7月21日(木)16:10-17:40

・表題:Financial Destabilization

・講師:柴田 章久 先生(京都大学経済研究所 教授)

・開催場所:滋賀大学彦根キャンパス 士魂商才館セミナー室Ⅰ(大)

・開催様式:対(感染症の蔓延状況に応じてオンライン併用に変更する可能性があります。)

・講演言語:日本語


セミナー概要

 本論文では、簡単な動学的一般均衡モデルを構築し、金融イノベーションとマクロ経済の安定性の関係を分析する。このモデルには、企業家、hand-to-mouth型の消費者および代表的企業が存在するが、特に重要な枠割を果たすのは企業家である。企業家は、各期において固有の生産性ショックに直面する。生産性が高い企業家は、金融市場で資金を調達し、資本を生産するが、その際、金融市場は不完全であり、手持ち資金の一定倍までしか借りることができない。それに対し、低い生産に直面した企業家は貸し手となる。このような設定の下で、本論文は、金融市場の不完全性が緩和され、資金調達が容易になると、経済が不安定化することを示す。より具体的に言えば、金融市場の不完全性が緩和されると経済変動の振幅が拡大し、金融市場の不完全性が消失した時点で振幅が最大になるのである。すなわち、本論文の結果は、金融イノベーションの進展が経済を不安定化させる可能性を持つことを示している。

キーワード:金融市場の不完全性、金融イノベーション、内生的景気循環、マクロ経済の(不)安定性


本講演に関するご質問は

滋賀大学経済経営研究所
TEL : 0749-27-1047
FAX : 0749-27-1397

E-mail:ebr(at)biwako.shiga-u.ac.jp までお願いします。

※(at)を@に変更して送信してください