経済学部

TOP経済経営研究所(ebrisk)■先端研究 ≫ 先端研究セミナー(20220630)

先端研究セミナー(20220630)

・日時:2022年6月30日(木)16:10-17:40

・表題:Léon Walras and The Wealth of Nations: What Did He Really Learn from Adam Smith?

・講師:御崎 加代子 先生(滋賀大学経済学部 教授)

・開催場所:滋賀大学彦根キャンパス 士魂商才館セミナー室Ⅱ

・開催様式:対面及びオンライン開催

・講演言語:日本語

ご参加には事前申込が必要です、下記ボタンよりお申込みください。


セミナー概要

 本セミナーでは、20216月にThe European Journal of the History of Economic Thought誌に掲載された私の論文"Léon Walras and The Wealth of Nations: What Did He Really Learn from Adam Smith? "(レオン・ワルラスと『国富論』:ワルラスが実際にスミスから学んだこととは何か?)の内容を日本語で解説します。ワルラスの一般均衡理論は、スミスの「見えざる手」を理論的に発展させたものというのが、経済学の教科書に書かれている、一般的な解釈ですが、そのような常識に真っ向から挑むことが本論文の目的です。ローザンヌ大学ワルラス文庫の調査も手掛かりに、ワルラスとスミスとの知られざる影響関係を明らかにします。

キーワード:アダム・スミス 見えざる手 ワルラス 一般均衡理論 Adam Smith invisible hand Walras general equilibrium theory


参加申し込みはこちらから

     kaijobutton.png       zoombutton.png


本講演に関するご質問は

滋賀大学経済経営研究所
TEL : 0749-27-1047
FAX : 0749-27-1397

E-mail:ebr@biwako.shiga-u.ac.jp までお願いします。