経済学部

TOP 滋賀大経済 最前線滋賀大経済 最前線2014滋賀大経済 最前線 吉嵜さんからの報告

滋賀大経済 最前線 吉嵜さんからの報告

滋賀大経済 最前線Top へ戻る
次へ (他の方の報告へ)

吉嵜 希(経済学科)
    2015年3月卒業 サントリーホールディングスに勤務

夢、そして挑戦

イメージ  チアダンスサークルの復興、グローバルゼミでの研究や地元観光大使の仕事など、学生時代には様々なことにチャレンジしてきました。
 なかでも、自分の殻を打ち破る貴重な経験となったのは一年間のミシガン交換留学でした。入学以前からの夢を叶えるべく、入学後すぐにTOEFLの勉強を開始し、英語力を徹底的に鍛えました。留学先のスペリオル湖州立大学では国際ビジネスを専攻しました。予習復習や毎回のレポート課題に追われる勉強漬けの毎日でしたが、休日には友人とのショッピングやホームパーティを楽しむといったメリハリのついた生活の中で、日本との大学生活の違いを実感しました。
 また留学先での課外活動として、世界的な企業リーダー育成NPOのEnactusに所属し、ビジネスを通じた社会貢献を目指したプロジェクトの企画・運営に携わりました。ここでの活動から、世界中から集まったバックグラウンドの異なる学生がチームとなり、一つのものを作り上げることの難しさと面白さを学びました。成果をプレゼンする地区大会でチームの実績が認められ、全米大会への進出に繋がった時の達成感はこれまでに味わったことのないものでした。

目指すは、ドリームプレゼンター

イメージ  世界中の人々に夢を与えられる仕事に取り組むこと、これが私の理想です。そのためには自身の視野を広げることが不可欠であると考え、4年次には内閣府青年国際交流事業に参加し、エストニア共和国を訪れました。首相を始めとする要人表敬訪問、現地青年と共に社会問題をテーマとしたディスカッション、そしてホームステイの経験を通して、これからの時代を担う存在としての自覚と、常に社会に対し何が出来るかを考える問題意識に磨きをかけることができました。

イメージ  内定をいただいたサントリーHDは、日本の飲料メーカーですが、とくにグローバル展開に大きく舵を切ろうとしています。そんな新たな時代を切り開く一員として、広報や宣伝の仕事を通じて、商品のみならず企業の魅力を世界中に発信していきたいと思っています。そして、仕事を通じて人々に夢や感動を与えられる人間になりたいと思っています。

チャンスの宝庫、滋賀大

イメージ  米国ミシガン州15大学への留学制度。これこそが私の本学への進学の決め手となったと言っても過言ではありません。また、経済のあらゆる分野の講義・ゼミナールを、所属学科の枠を越えて履修できることは、本学部ならではの良さだと思います。そして、何と言ってもヒト。私は本学で、人生の師でもあるゼミの教授や目標とする憧れの先輩、競い合い励まし合える仲間に出会いました。
 大学の4年間は本当に人それぞれで、やる気さえあれば何でも出来る。私はそれを、1年生の頃から代表として取り組んできたチアダンスサークルSUGARSの再構築から学びました。ここには、挑戦できる環境があります。ワクワクするような大学生活を送るためにも、あなた自身の手でチャンスを掴みに来てください。