経済学部

TOPリスク研究センターリスク研究センターセミナー・講演会情報(参加お申し込みはこちらから)2005年度セミナー・講演会情報一覧 ≫ セミナー報告 2006/1/25

セミナー報告 2006/1/25

リスク研究センターセミナー報告

James Rhodes氏(政策研究大学院大学教授)

『内外経済リスクと日本の金融政策の変遷 -1955年から2004年-』


日時: 平成18年1月25日(水)14:30~16:00
会場: 経済学部第二校舎棟5階 545共同研究室
司会: 小田野純丸教授 (本学経済学部)

Dr.Rhodes
Dr.Rhodes
Dr.Rhodes
セミナー風景
(セミナー概要)
1月25日にローズ教授による「内外経済リスクと日本の金融政策の変遷」という演題のセミナーが開催された。日本の金融政策を、高度経済成長時代を中心とした輝ける時代、国際化が急速に進展をした金融自由化の時代、失われた十年として知られているバブル以降のデフレの時代というように三つに区分し、それぞれの時代の特徴ある政策の目的と効果について詳細に解説をした。特に、これらの時代の日本の金融の仕組みや政策の特徴の説明が、外国人の目から見ると日本の論者の通説だけで十分に理解できない点について面白い事例を多用しながら指摘された。ちなみに、ローズ教授はクリントン前アメリカ大統領とは高校生の時代からの友人である。講演の随所で展開された世界経済を牽引してきた両国の役割と限界という問題意識は、クリントン大統領時代の日米関係を分析する視点の中に強く意識されていて、それは両者の交友関係を背景としたところから生まれてきているのかもしれない。(小田野純丸)

               主催:滋賀大学経済学部附属リスク研究センター
                TEL:0749-27-1404(内線396) FAX:0749-27-1189
                 e-mail address:risk@biwako.shiga-u.ac.jp

リスク研究センターホームページへ

滋賀大学経済学部 Faculty of Economics, Shiga University
〒522-8522
滋賀県彦根市馬場1丁目1-1

このページの作成・管理は滋賀大学経済学部ホームページ管理担当が行っています。
このページに関するお問い合わせは お問い合わせのページからお送りください。

Copyright©2017 Faculty of Economics, Shiga University All rights Reserved.