施設

TOP学習支援室・学習スペース ≫ 陵水学習教育支援室とは

陵水学習教育支援室とは

HOME 学習支援  教育支援  TA・SA情報


ph_02-1.jpg
「陵水学習教育支援室」は、平成17年にオープンしました。
翌年には「開放型学習スペース」と「ALL-アクティブ・ラーニング・ラボ」を新設しました。ともに学生への学習支援、教員への教育支援を目的とし、学部へのFD活動(教育の質的な向上を目的とした活動)支援も行っています。平成27年4月、「学習教育支援室」と「開放型学習スペース」がリニューアルされ、その際、ALLが開放型学習スペースと統合しました。
「学習教育支援室」では、学生の学習活動と教員の教育活動を支援するために、様々なサービスとを提供しています。
「開放型学習スペース」では、学生の自主的な学習を支援する様々なサービスを提供しています。個人学習はもちろんゼミ単位でのディスカッション、クラブ、サークルのミーティングなどに幅広く利用できます。パソコン、視聴覚資料、インターネットを利用した自主的な学習ができます。また、大学院生のティーチング・アシスタント(TA)や学部生の学習アシスタント(SA)から学習についてアドバイスを受けることができます。スペース内は、図書館と違い、自主学習はもちろん談笑や休憩もOKです。明るく開放感たっぷりで、ゆったりとした空間の中、自由に学習できます。高機能プロジェクタを備えたブースもあり、勉強会・イベントの開催が可能です。

滋賀大学 彦根キャンパス
学習教育支援室