経済学部

TOP 受験生の方へ学生生活

学生生活

 | 経済学部について | 入試情報 | カリキュラム | 学生生活 | 就職情報 | アクセスマップ |

<受験生の方へTOP>

学習サポート

学習に関する情報はこちらから  経済学部 学習サポートのページ

生活サポート

生活に関する情報はこちらから  経済学部 生活サポートのページ

お金のこと・住まいのこと

納付金一覧はこちら
学費・生活費・住居についての詳細はこちら

参考:滋賀大生のひと月平均生活費データ

自宅生 自宅外生
食費 10,280円 24,700円
住居費 610円 49,730円
交通費 15,270円 2,690円
教養娯楽費 7,490円 7,560円
書籍費 2,480円 2,110円
勉学費 1,100円 2,310円
日常費 6,840円 5,620円
電話代 3,280円 4,450円
その他 18,930円 14,720円
合計 66,280円 113,890円
seikyou

(2010年10月 滋賀大学彦根地区生活協同組合調査による)

参考:彦根地区の家賃の相場
25,000円~56,000円程度
滋賀大学彦根地区生活協同組合では、希望者に年間を通じて下宿を紹介しています。
学生寮(偲聖寮)  寄宿料 月額4,300円  諸費用 月額6,700円

在学中にチャレンジできる資格取得

 経済学部の基礎及び専門科目を学習することで、税理士、公認会計士、証券アナリスト、ファイナンシャル・プランナー、情報処理技術者、ITコーディネータなど、多くの資格試験にチャレンジすることができます。また、資格試験の中に、合格することによって専門科目の単位として認定される制度があります。さらに、各学科の所定の専門科目と教職科目(※)を修めることで、表のような教育職員免許が取得できます。
※教職科目は、教育学部で履修する必要があります。また、卒業要件単位には含まれません。

滋賀大学経済学部・データサイエンス学部後援会資格取得等報奨制度

 この制度は、学生諸君の日頃の勉学等を支援し、資質の向上に資することを目的として、資格試験や語学試験等の基準を満たした在籍する大学院生、学部生を対象に報奨金を給付する制度です。 (ただし、後援会費を未納の場合は対象としません。)
詳しくはこちらから『経済学部・データサイエンス学部後援会資格取得等報奨制度』

学科  関連する資格試験 教育職員免許状の種類 免許教科
経済学科 直結するものはないが、下記の大半の資格試験に
おいて必須科目となっている。
中学校教諭1種免許状
------------
高等学校教諭1種免許状
社会
-----
地理歴史、公民
ファイナンス学科 証券アナリスト、税理士
ファイナンシャル・プランナー
中学校教諭1種免許状
------------
高等学校教諭1種免許状
社会
----
公民
企業経営学科 経済学科と同様 高等学校教諭1種免許状 商業
会計情報学科 公認会計士、税理士、日本商工会議所簿記検定
国税専門官、証券アナリスト
高等学校教諭1種免許状 商業
社会システム
学科
ITパスポート 中学校教諭1種免許状
------------
高等学校教諭1種免許状
社会
----
公民

留学について

本学では、下記の大学との間で学生交流協定等を結び、学生の交流をはじめとして教育研究等の相互協力を図っています。本学からは教育学部生、経済学部生及び大学院生が 「短期留学推進制度」及び私費留学により1年以内の留学をすることができます。

留学に関する情報はこちらから

滋賀大学国際センター

留学先の大学

image   ミシガン州の公立15大学〔アメリカ合衆国〕
  ディーキン大学〔オーストラリア〕
  チェンマイ大学〔タ イ〕
  泰日工業大学〔タ イ〕
  湘潭大学〔中 国〕
  東北財経大学〔中 国〕
  啓明大学〔韓 国〕
  ハノイ教育大学〔ベトナム〕
  グァナファト大学〔メキシコ〕
  人文大学〔モンゴル〕
  高雄海洋科技大学〔台 湾〕
  国立高雄大学〔台 湾〕


○留学先大学で修得した単位が、所属学部の審議を経て認定される場合があります。
○留学期間(1年以内)は本学の修業年限及び在籍期間に参入されます。
○留学先の大学の検定料、入学料、授業料が免除されます。
○短期留学推進制度による留学生に採用された場合は、奨学金が支給されます。


▲page top