経済学部

TOP附属史料館経済学部附属史料館 ≫ お知らせ(令和元年度企画展)

お知らせ(令和元年度企画展)


令和元年度企画展

「八幡から商う 八幡で暮らす」


会  期:令和元年10月21日(月)~11月22日(金) 

開館時間:9:30~16:30

休 館 日:土・日・祝休日休館(但し、11月2・3・9日は開館)

場  所:滋賀大学経済学部附属史料館 1階展示室

そ の 他:入館無料 企画展チラシはここをクリック!


 今年度の企画展では、近世・近代に活躍した八幡商人を特集します。
 かつて八幡(近江八幡市)は、日野(蒲生郡日野)や五個荘(東近江市)と並ぶ近江商人(近江から他の地域へ進出した商人)の出身地でした。近世以前の安土城下町や八幡山城下町の系譜を引く八幡の商人は、日野や五個荘の商人より早く、近世初期から活動しています。

 八幡商人の中には西川甚五郎家、西川利右衛門家、伴荘右衛門家など、江戸日本橋(東京都)で大店を構えた有名な商人が多くいます。また、江戸以外の関東や東北地方など各地へも盛んに進出し、とくに松前(北海道松前町)に店を構えて蝦夷地で事業を展開した商家が多かったことも特徴でした。

 本展では、当館が史料を保管する八幡商人のうち、谷口兵左衛門家、市田清兵衛家、岡田弥三右衛門家、西川伝右衛門家を取り上げます。それぞれの進出先での経営活動とあわせて、地元八幡での生活の様子をうかがい知ることができる史料を展示しました。

 この文中に登場する商人の屋敷のいくつかは、いまも八幡の現地で公開されており、八幡堀とともに、近江商人のふるさとの風情を今に伝えています。企画展をご覧の上で八幡の町並みを散策していただければ、商人たちの歴史がより一層身近に感じられると存じます。ぜひご観覧ください。


◆関連講演会

11月9日(土)13時30分~  於 滋賀大学彦根キャンパス総合研究棟〈士魂商才館〉3階セミナー室1 

「八幡商人の出店と物流路」 近江八幡市総合政策部文化観光課主幹(市史編纂室)烏野茂治氏

 展示解説 滋賀大学経済学部附属史料館長 青柳周一                       


◆ギャラリートーク
10月25日(金)・31日(木)と11月7日(木)・14日(木)・22日(金)の12時30分~13時


スタンプラリーについて

当館は、かんさい・大学ミュージアム連携実行委員会主催のスタンプラリー参加館です。関西圏にある18の大学ミュージアムのスタンプを15個集めると、素敵な特製グッズをプレゼントします。
開催期間は1月31日までです。 小旅行気分で、普段行くことのない大学探検に出かけてみませんか!

※かんさい・大学ミュージアム連携実行委員会とは、「平成31年度 文化芸術振興費補助金 地域と共働した博物館創造活動支援事業」の助成を受け、18館が連携して活動するものです。大阪・兵庫・奈良・和歌山・滋賀の大学ミュージア ム18館が参加しています。


 お問い合わせ  滋賀大学経済学部附属史料館
         〒522-8522 滋賀県彦根市馬場 一丁目1-1
         TEL/FAX 0749-27-1046
          E-mail:shiryo@biwako.shiga-u.ac.jp

史料館Topへ