施設

TOP地域連携教育推進室 ≫ 働き方探求プロジェクト2016秋
地場産業活性化プロジェクト
彦根仏壇産業の活性化を考える

働き方探求プロジェクト2016秋
地場産業活性化プロジェクト
彦根仏壇産業の活性化を考える

本年度より滋賀大学経済学部と彦根仏壇事業協同組合は包括的連携協定を締結しました。

本プロジェクトは本協定の一環のプロジェクトとして、滋賀大学経済学部と彦根仏壇事業協同組合が協同でPBL(Project Based
Learning)と呼ばれる「地域の課題解決型」の講義を開発・実行するプロジェクトとなっています。

今年は、1年目ということもあり、お試しという色合いが濃いですが、講義では、座学として、彦根仏壇産業の歴史やビジネスシステムのあり方・機能を学習する一方で、従来の講義とは異なり、彦根仏壇の工部七職の工房見学や体験通して、学生に伝統工芸の奥深さを知ってもらい、彦根仏壇の工芸技術をさらに後世に継承させていくため、どのような製品や技術を開発すべきか?また、どのようにビジネスシステムを変えていくべきかを考え、戦略計画を立案していくという講義内容となっています。

滋賀大学経済学部のPBL 科目では、これが本格的な地場産業との連携に基づいた初めての講義となっており、就業力育成支援室における新しい活動として、今後、注目できるものとなっています。

仏壇.jpg

仏壇プロジェクト.jpg