施設

TOP地域連携教育推進室 ≫ グローバル人材育成プロジェクト2015春 シアトルでリーダーシップを学ぶ-報告

グローバル人材育成プロジェクト2015春 シアトルでリーダーシップを学ぶ-報告

滞在中のメインとなったインターンシップの実習では,2・3人ずつのグループごとにソーシャル・ビジネスの現場での仕事を体験しました.本学の学生が派遣されたインターン先は,たとえば,フェアトレード商品の販売と普及を担う店舗,10代のホームレスに食事や寝床を提供する拠点,日系移民が多かった背景を反映して日本文化の理解を広める活動,廃棄される直前の食糧をスーパーなどからの寄付で入手し,ホームレスや貧困層に無償で提供するFOOD BANK,日本を訪れる外国人向けの塗り絵の本の販売先を模索する出版社,菜園で子供向けの持続可能性について教育活動を行う団体など.作業を手伝うだけでなく,その作業の意味や背景を学ぶ時間も設けていただいたことで,それまでは知らなかった社会課題への意識が深まったようでした.

02

参加した学生たちからは,「ただ海外に行きたい,英語を使ってみたいと参加したけれど,その先の具体的な目標が見えてきた」「社会問題を解決する上での様々アプローチを実際に体験したり視察する機会があり,ビジネスモデルの多様さを実感できた」「自分の将来の夢について,一歩前に進むことができた」「やらなければいけない仕事をこなしただけでは,本当に『リーダーシップ』をとったとはいえないのかもしれない,と感じた」などの感想がありました.

03

提携先であるiLEAPのプログラムコーディネーターとの連絡を密にとることで,事前準備から現地滞在中,事後の振り返りまで,学生それぞれの様子をフォローアップしたことが,今回,参加者が安心してチャレンジできる場につながりました.今回の経験を踏まえて,今後もそれぞれ自分らしい「リーダーシップ」を発揮していってもらえたらと思います.