施設

TOP地域連携教育推進室プロジェクト科目 ≫ 海外企業研究プロジェクト科目2011

海外企業研究プロジェクト科目2011

image


プロジェクト科目説明会
  6月21日(火)、22日(水)、28日(火)、29日(水) 
  7月 5日(火)、 6日(水)、 7日(木)、
    12日(火)、13日(水)、14日(木)

 いずれも昼休み(12:10分から)地域連携教育推進室(ALL隣・校舎棟3階)にて
 行います。

特色

  • 大学での集中講義では、コンサルタントや、日本企業の現地法人社長、研究者から最先端ビジネス・経済政策などを学ぶ。 スタディツアー(10月23日~30日・6泊8日)では、世界屈指の国際競争力を誇るシンガポールで、日本有数の大企業の最前線を訪問し、 グローバル戦略とリスクマネジメントを学ぶ。
  • 世界と日本の関係を見られる視点やグローバル人材として求められる資質を学び、将来の働き方や職業選択につながる問題意識を得ることができる。
  • プロジェクト科目として、集中講義で1単位、スタディツアーと合わせて2単位が取得できる。
  • 滋賀大学教員が同行。シンガポール在住のコンサルタントによる現地指導あり。
スタディツアー訪問企業(予定)

Mitsubishi Electric Asia Pte. Ltd.・SHIMADZU (ASIA PACIFIC) Pte. Ltd.・Ajinomoto Singapore Pte. Ltd.・ 日本政府観光局シンガポール事務所・NewWater水処理施設 (順不同・都合により変更の場合あり)

集中講義申し込み締め切り: 7月20日(水)午後5時 まで。

申込み:地域連携教育推進室にて、所定の申込書を提出すること。 その他:現地スタディツアーに申し込む場合には、9万円程度かかります。
    スタディツアー締切9月15日(木)予定。ツアー代金納付は9月末まで(予定)
    集中講義は、定員なし。
    現地スタディツアーは、20名(募集人数が多数の場合は選考の上、決定)

海外企業研究プロジェクト 実施要領

科目内容集中講義、海外研修・報告会(予定)
期間 集中講義   8月~9月中旬
スタディツアー10月23日(日)~10月30日(日)
場所 学内      8月集中講義・11月報告会
シンガポール・スタディツアー 10月23日(日)~10月30日(日)
講義予定 8月11日(木)
午後1時
午後1時30分~
2コマ予定
21番教室
オリエンテーション
「なぜシンガポールに地域統括会社を設けるのか。人的資源管理の戦略とは」
 講師 滋賀大学経済学部 澤木聖子 教授
8月25日(木)
午後1時30分~
2コマ予定
教室未定
「日本企業はなぜR&D拠点を海外に立地するのか。」
 講師 滋賀大学経済学部 竹中厚雄 准教授
9月中旬
(10日から12日
で日時調整中)
「シンガポールの戦略と経済政策、シンガポール進出日本企業の戦略とリスクマネジメント」
講師: 木島洋嗣氏 
Tree Islands Singapore Pte Ltd 代表・経営コンサルタント
「わが社の海外戦略とリスクマネジメント」
講師 シンガポール進出日本企業様
9月15日(木)
午後1時30分~
2コマ予定
5番教室
「グローバルに活躍するために求められるリーダーシップとは?」
 講師  滋賀大学経済学部 服部泰宏 准教授
               集中講義課題レポート提出あり
9月下旬 「シンガポール現地事情について・研修目標の設定」
10月上旬 「海外での安全管理や企業訪問時のマナー研修」
10月23日(日)
⇒10月30日(日)
シンガポール現地研修  関西国際空港 出発・到着
11月上旬 事後ワークショップ「振り返りと学びの共有・報告会準備」
11月中旬 「公開報告会」
               (※各講義名は若干変更となる場合あり)
認定単位数 2単位(集中講義1単位、スタディツアー1単位)
成績評価
の 方法
講義や海外研修への参加貢献度、レポート・プレゼンテーションなどを総合的に評価する。
期待される
効果
海外展開する日本企業の現場体験を通じて、日本企業のグローバル戦略やリスクマネジメント、 アジアや世界の経済の動きを肌で感じ、将来の働き方や職業選択につながる問題意識を得ることができる。
募集人員・要件 集中講義:定員なし。
現地スタディツアー:20名(募集人数が多数の場合は選考の上、決定。

主催・問合せ:滋賀大学経済学部 地域連携教育推進室
電話 0749-27-1348
お問い合わせ先