施設

TOP地域連携教育推進室プロジェクト科目 ≫ 社会人基礎力育成プロジェクト2013春 企画実現力-報告

社会人基礎力育成プロジェクト2013春 企画実現力-報告

「滋賀大学での学生生活をもっと楽しくする!」ことをテーマに、日々の大学生活の中で自分たちが感じている疑問・問題を解決していく中で企画実現力を身に付けることを狙いとして開講した。受講生同士の対話を通して、また、その解決策の実現のために関係する人たちに相談・交渉しに行く中で、アイディアを具体的に実現する難しさを感じるとともに、達成感を感じられた学生も多かったようだ。

ws
(アイディア出しのワークショップ風景)

12人の履修生は、最初はワークシートを使ってそれぞれの問題意識を探り、ワークショップで企画アイディアを練っていき、最終的には以下5つの企画チームに分かれ、各自の企画の実現に向けて動いていった。
・使わなくなった教科書リサイクル
・学外で学生が使える(貸してもらえる)場所探し
・レンタル傘プロジェクト
・嫌いな食べものを克服できるように料理してあげる(Masaki's Kitchen
・彦根の代表的なゲーム「カロム」を広める(とびだせ!MORAC)

carom
(まずは自分たちでカロムの遊び方を学んでいるところ)

企画の実現度合いや実施頻度は各チームで異なったが、履修生からは、「多くの人たちの協力を得る中で、企画が洗練されていった。限られた時間の中で進めるのは大変だったけど、有意義な体験ができた」「自分が思っていた以上に企画が大きくなっていって驚いた」「初めに掲げた目標が実行する中でずれていってしまい、一貫性のあるものに仕上げていく難しさを感じた」「普段なかなか踏み込めないことに取り組むきっかけになった」「プロジェクトを通じて、いろいろな人とつながることができた」などの声があった。