施設

TOP地域連携教育推進室プロジェクト科目 ≫ 働き方探求プロジェクト2017秋 中小企業の魅力発見インタビューに挑戦

働き方探求プロジェクト2017秋 中小企業の魅力発見インタビューに挑戦

このプロジェクト科目は、地域実践型PBL(企業や地域の課題解決をテーマにした学び)の授業の一つとして、滋賀県内の中小企業を対象に、経営者の考え方や業務内容、社員の働き方を取材し、言語化するプロセスを通じて主体性や計画・実行力といった社会人基礎力の向上とともに、自らのキャリアデザインを考えるきっかけになることをねらいとしました。今回は、滋賀県の「中小企業の働き方改革推進事業」の企業紹介冊子制作の一部を担当させていただきました。

授業は2年生から3年生まで20名が履修し、滋賀県内の中小企業20社を一人一社で担当しました。事前学習として、株式会社まつやの代表取締役の山岡 朗氏から企業の現状と今後の事業展開やご自身のキャリア形成などについてお話を伺い、その内容をもとに記事の作成練習を行いました。さらに、新聞記事などを担当されているプロライターさんを講師に迎え、取材や原稿作成の手法、写真撮影のノウハウも学びました。実際の取材にあたっては、学生が担当企業へのアポイントメントを行い、取材と原稿制作までを行いました。プロジェクトの後半には、講義として宮川バネ工業株式会社の代表取締役の宮川草平氏を講師に、企業経営やユースエール制度(若者の採用・育成に積極的で、若者の雇用管理の状況などが優良な中小企業を厚生労働大臣が認定する制度)の紹介や働き方についてお話を伺ったり、働き方改革推進事業の滋賀県の担当者を迎え、この授業の経験を振り返りました。

Ⅲ-8中小企業の魅力2.jpg