滋賀大学経済学部
サイトマップサイト内検索
滋賀大学TOP教育学部受験生の方へ地域の方へEnglish
GET!UD color View

ファイナンス学科

ファイナンス学科 家計、企業、政府と切り離せない、
   金融(ファイナンス)の魅力に迫る。


 ファイナンスは金融を意味する言葉で、貨幣を受け取ったり、支払ったりしながら実際の経済活動を支えていくものです。こうした金融取引は、経済主体である家計、企業、政府それぞれに必要であり、それらが金融取引を行う場が金融市場です。また政府は、金融市場がその機能を十分に果たせるように、様々な制度や政策をつくりあげています。金融取引の基礎、金融市場、政府の政策や市場を支える制度、これら三面を総合的に学ぶのがファイナンス学科です。


ファイナンス計画講座

金融に関する基礎理論と計画(政策)を学びます。

ファイナンス市場講座

金融取引が行われる市場について学びます。

ファイナンス・システム講座

金融に関する計画や市場の枠組みとなる制度を学びます。


<時間割 (3年秋学期 Oさんの場合)>
1
(08:50〜10:20)
ミクロ経済学A 比較金融
システムI
2
(10:30〜12:00)
現代日本
経済史
産業組織論 経営学 消費者
問題論-2
3
(12:50〜14:20)
現代日本の
諸問題
専門演習II
4
(14:30〜16:00)
ファイナンス法II
5
(16:10〜17:40)

国際金融論


ゼミナール紹介

久保英也ゼミ

久保ゼミ 課題解決力をどうつけるか
 「滋賀大学の卒業生はリスクを知っているからこそ積極的に行動する。部下や上司になって欲しい人材のNo.1」と言われる 人づくりに微力ながら貢献したいと考えています。多くの企業で重視されているリスク・マネジメントを総合的に学習するため、 企業の採用担当者に「あなたの専門は?」と聞かれた時に、即座に「リスク・マネジメントです」と答えられるようになります。
 研究活動は、机上の勉強にとどまらず、東京丸の内の有力企業を訪ね、実際のリスク・マネジメントの運用について議論を交わす「東京フィールドワーク」を含みます。 また、「課題解決力」を付けるため、日本学生ゼミナール大会での優秀賞を目指し、卒論指導も徹底して行います。 大学の外での勝負が厳しいからこそ、それに立ち向かうゼミ生同士は仲良くなる。生涯の友を作りたい人は大歓迎です。

<卒業論文タイトル>

  • 大震災後の日本株式市場の動向‐多変量GARCHモデルによるアプローチ
  • 中国版シャドーバンキングが銀行に与える影響
  • グローバル化するMBAと大相撲協会
  • 車社会のリスク・マネジメント
  • 日本のアパレル企業の中国進出のシナリオ
  • 宝塚歌劇団がなぜ100周年を迎えられたのか
  • 電子書籍は紙を駆逐するか