経済学部

TOP学部紹介経済学部 ≫ 会計情報学科

会計情報学科

会計情報学科 「お金の流れ」を実践的に学ぶ、
    国立大学では数少ない学科。

企業経営において重要な「お金の流れ」に関することを理論的・実践的に学びます。例えば、企業の利益はどのようにして計算されるのかという問題や、製品を作るのにかかったお金を計算した情報が経営にどのように役立つのかといった問題を探っていきます。この会計情報学科は、国立大学では数少ない会計情報関係の専門学科であり、会計情報分野について深く勉強したい人には最適の学科となっています。

財務会計講座

企業を取り巻く利害関係者に向けての財務報告について学びます。

管理会計講座

企業の経営管理のための会計情報について学びます。

国際会計講座

企業活動の国際化に伴う会計上の問題について学びます。

<時間割 (3年 秋学期 Fさんの場合)>

1
(08:50~10:20)
中級簿記Ⅱ 社会心理学Ⅱ
2
(10:30~12:00)
地域社会・文化論 環境経済学Ⅱ 経済数学 環境法
3
(12:50~14:20)
専門演習Ⅱ 情報科学Ⅱ 法システム論特殊講義
4
(14:30~16:00)
財務諸表分析論Ⅱ リーダーシップ論
5
(16:10~17:40)

ゼミナール紹介

宮西賢次ゼミ

ゼミ 財務諸表分析と企業価値評価を極めるグローバルゼミ。
 当ゼミでは、「グローバルな問題意識」「専門性」「チーム力」を重視して、「生涯の財産となるファンダメンタル」の涵養に力を入れています。
 アメリカのケロッグ・ビジネススクールでの研究経験をもとに、アカウンティングやファイナンス分野の研究成果を応用して、企業の財務諸表から業績を分析し、企業価値を推定する研究に取り組んでいます。
 1年目のゼミでは、企業の業績評価、戦略的投資プロジェクトの評価、買収や合併のターゲット企業の価値の推定、グローバル戦略などのテーマについて、最先端の理論とケースの両面から学んでいます。 2年目のゼミでは、プレゼンテーションとディスカッションを交え、卒業論文のテーマについて研究しています。
 「世界に挑む」、正真正銘のグローバルゼミです。

<卒業論文タイトル>

  • 石油・ガス開発分野におけるリアル・オプションアプローチ導入の可能性
  • M&Aにおけるターゲット企業の評価と効果測定
  • M&Aによる企業価値評価
  • 企業価値評価のための会計データの修正と限界
  • 無形資産投資と企業価値の関連性
  • 航空機産業の日欧比較と日本企業の課題