経済学部

TOP学部紹介経済学部 ≫ ファイナンス学科

ファイナンス学科

ファイナンス学科 家計、企業、政府と切り離せない、
   金融(ファイナンス)の魅力に迫る。

 ファイナンスは金融を意味する言葉で、貨幣を受け取ったり、支払ったりしながら実際の経済活動を支えていくものです。こうした金融取引は、経済主体である家計、企業、政府それぞれに必要であり、それらが金融取引を行う場が金融市場です。また政府は、金融市場がその機能を十分に果たせるように、様々な制度や政策をつくりあげています。金融取引の基礎、金融市場、政府の政策や市場を支える制度、これら三面を総合的に学ぶのがファイナンス学科です。

●ファイナンス計画講座

金融に関する基礎理論と計画(政策)を学びます。

●ファイナンス市場講座

金融取引が行われる市場について学びます。

●ファイナンス・システム講座

金融に関する計画や市場の枠組みとなる制度を学びます。

<時間割 (3年秋学期 Kさんの場合)>
1
(08:50~10:20)
 
2
(10:30~12:00)
企業分析とコーポレート・ファイナンスⅠ 社会保障論   証券分析とポートフォリオ・マネジメントⅢ 現代思想論Ⅰ
3
(12:50~14:20)
企業分析とコーポレート・ファイナンスⅡ ファイナンス数学入門 専門演習Ⅱ 金融契約論Ⅰ
4
(14:30~16:00)
ファイナンス計画特殊講義 情報とリスクの経済学 日本金融経済論
5
(16:10~17:40)
金融政策論

ゼミナール紹介

二宮健史郎ゼミ

二宮ゼミ ―先の見えない不透明な時代だからこそ、経済学の基本をしっかりと学ぶ―
 バブル経済とその崩壊、そして、「失われた20年」とも言われる長期不況。その間、都市銀行や大手証券会社、生命保険会社が相次いで破綻し、リストラの嵐が吹き荒れて非正規雇用が増大しました。 近年では、米国のサブプライム問題に端を発した世界的な金融危機が発生しています。
 私のゼミでは、このような金融的要因による経済の不安定性、それを抑止する金融政策、金融システム等をマクロ経済学の視点から考察しています。
 良い大学を卒業すれば一生安泰であるという時代は、もはや過去のものであると言えるでしょう。先の見えない不透明な時代だからこそ、経済学の基本をしっかり学ぶ必要があります。 そしてゼミ生諸君には、それを基礎として、これから先の様々な変化に柔軟に対応できるように、学ぶ力を養ってもらいたいと願っています。

<卒業論文タイトル>

  • 我が国の小規模企業の課題と政策金融の役割
  • 東京オリンピックによる経済効果と金融・不動産市場
  • 我が国の金融システムの改革と地方銀行の課題
  • NISA導入による日本経済の課題と可能性
  • NISAの課題と可能性:英国ISAとの比較検討を通じて
  • 企業の資金調達構造とその変容:グローバル化に伴う金融構造の変化を通じて
  • 「織り込み済み」の信頼性:テキストマイニングの可能性
  • 地域密着型金融の課題と可能性:金融システム変革後の歩み