経済学部

TOP学部紹介経済学部 ≫ 経済学科

経済学科

経済学科 経済現象を多角的に分析し、
    複雑な相互関係を理解する。

経済活動は、私たちの暮らしや社会の営みや国際関係にとって切り離すことのできない重要な役割を果たしています。経済学科では、理論、歴史、制度、政策といった側面から経済現象を多角的に分析します。複雑に作用している経済現象を様々な角度から検討し、その相互関係を的確に整理しながら、その背後にある仕組みや成立を明らかにする分析視点を確立しながら学んでいきます。

●基礎理論講座

経済理論の構築を目指す分析や経済学説の成り立ちを学びます。

●応用経済論講座

数量的・実証的分析に資する手法を精緻化して経済分析を学びます。

●政策経済論講座

経済政策や社会政策に関わる分析について学びます。

●比較経済論講座

国際的な経済関係や経済史の立場からの分析を学びます。

<時間割 (2年春学期 Tさんの場合)>

1
(08:50~10:20)
    近江のくらしと文化   
2
(10:30~12:00)
マクロ金融論Ⅰ ミクロ経済学B 統計学B マクロ経済学B 線形代数
3
(12:50~14:20)
ものづくり、人づくり、地域づくり スペイン語演習H   コアセッション
(マクロ経済学B)
コアセッション
(統計学B)
4
(14:30~16:00)
英語Ⅱ 情報とリスクの経済学     コアセッション
(ミクロ経済学B)
5
(16:10~17:40)
        微分積分Ⅰ

ゼミナール紹介

石井利江子ゼミ

石井ゼミ データを使って仮説検証のプロセスを体験するゼミ。
 今日、インターネットから様々なデータが手軽に手に入るようになりましたが、それを正しく分析する方法がなくては宝の持ち腐れになってしまいます。 私のゼミでは、自分で仮説を立て、データを集めて仮説を検証する力を身に付けることを目標にしています。
 ゼミの1年目では、計量経済学的手法を学習するとともに、統計ソフトを使って実際にデータを分析する方法を習得することに最も重点を置きます。
また、受講生が自分の知りたいことをひたすら探求できるよう、受講者各自が個人研究を行います。扱うテーマは、地域経済、貿易、労働問題、技術革新など、学生によって様々です。  2年目は、個人研究の経験をもとに、さらに深みと広がりのある卒業研究に取り組みます。

<卒業論文タイトル>

  • 企業の研究開発投資が全要素生産性に与える影響についての実証分析
  • 非認知能力の学力への影響
  • 技術進歩が所得格差に与える影響の分析
  • 政府による研究開発支援と基礎研究投資が全要素生産性に与える影響に関する実証分析
  • 新幹線の開通が地方経済に与える影響
  • 東南アジア経済共同体がベトナムの農協発展に与える影響